トップページ > 新着情報 > 税理士が綴る会社設立コラム

税理士が綴る会社設立コラム

アルバイトを正社員に昇格させて助成金をもらう。キャリアアップ助成金

会社設立トータルサポート鹿児島

こんにちわ、会社設立トータルサポートの代表、税理士の中村です。 キャリアアップ助成金とは、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップなどを促進するため、正社員化、人材育成、処遇改善の取り組みを実施した事業主に対して助成する制度です。   会社を設立し、軌道にのりアルバイト等を雇用しそれらの方々を正社員に昇格させる場合などうっ…

賞与の考え方

会社設立トータルサポート鹿児島

こんにちわ。会社設立トータルサポート鹿児島の税理士の中村です。   会社を興して軌道に乗ると従業員さんを雇用するようになりますよね。 そうすると賞与をしはらわなければいけなくなります。 小さい会社ですとこの賞与が結構資金繰りに影響してくるので頭が痛いところです。 そもそも「賞与」とは、労働者に対して支払う一時金のことで、労働基準法では賃金に含まれます。その呼び方は、ボーナス、期…

経営者が経理に時間を取られてしまっている。

会社設立トータルサポート鹿児島

経理や決算処理に時間をかけるのがもったいないと感じたら、税理士に外注いたしましょう。 今回は税理士に頼むことによるメリットをお話しします。   社員数人の会社の場合、社長が経理業務を行うと思います。 社長が本業でない経理業務に多くの時間を割いていませんか? 経理業務とは、日々の領収書の整理や帳簿への記入から、毎月の給与の支払い、決算業務など幅広くあります。   経…

起業にあたり経営に必要な要素とは

会社設立トータルサポート鹿児島

起業や会社設立するにあたり、経営に関する本等をたくさん読まれたのではないかと思います。 経営に必要な要素は、「ヒト・モノ・カネ」だと言われています。近年はこれらに加え「情報」も必要なものとして挙げられるようになりました。   「ヒト」 社員という人材を表すことが多いです。モノを作るのも売るのも、すべてヒトが行うものですので、「ヒト」が上位にくると考えられています。社員を大切にし、…

社員採用時の労働条件の明示

会社設立トータルサポート鹿児島

こんにちわ、鹿児島市で会社設立支援を行っています会社設立トータルサポート鹿児島のブログです。 社員を新しく採用するに際しては、様々なルールがあります。 特に労働基準法では、労働者の労働条件がきちんと担保されるように、いくつか帳簿類の作成が必要とされています。   「労働条件通知書」の作成 会社が社員を採用するときは、賃金・労働時間などの労働条件を書面などで明示しなければなりませ…

年末調整とは?④ 「給与所得者の保険料控除申告書」について

会社設立トータルサポート鹿児島

こんにちわ、会社設立トータルサポート鹿児島のブログです。    給与所得者(社員)が、生命保険や地震保険などに加入している場合、その年に支払った保険料の一定額を給与所得から控除することができます。これは、社員から提出してもらう「給与所得者の保険料控除申告書」に基づいて金額を計算していきます。  保険会社から生命保険料控除の証明書などは秋口くらいから個人宅へ配達されます。従業員さんに…

年末調整とは?③ 事務手続き

会社設立トータルサポート鹿児島

こんにちわ。会社設立トータルサポート鹿児島のブログです。  今回は年末調整の事務手続をみていきましょう。   年末調整に必要な申告書の配布と回収  毎年11月に入れば年末調整を行う社員に、各種申告書を配布して必要事項を記入してもらい、速やかに回収します。その際、記入漏れ、記入不備、添付書類の有無などを確認します。 期日を指定しないとダラダラ未回収になるので気を付けましょう。 …

年末調整とは?② その対象について

会社設立トータルサポート鹿児島

 年末調整は、原則として給与の支払者に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出している人の全員について行いますが、例外的に年末調整の対象とならない人もいます。   ◆年末調整の対象となる人 一年を通じて勤務している人 年の中途で就職し、年末まで勤務している人 年の中途で退職した人のうち、次のいずれかに該当する人 ・死亡により退職した人 ・著しい心身の障害…

年末調整とは?①

会社設立トータルサポート鹿児島

こんにちわ 鹿児島で会社設立を支援しています、会社設立トータルサポート鹿児島のブログです。 会社を設立すれば最低でも社長(役員)の給与の支払いが発生いたします。 毎月の給与の支払いの際に「源泉徴収税額表」(鹿児島市なら鹿児島税務署から配布されています。ない場合は国税庁のHPからダウンロード出来ます)を参考に、所得税の源泉徴収をすることになっています。 しかし、毎月源泉徴収をした税額の1年間(…

創業計画書を作成する時のポイント

会社設立トータルサポート鹿児島

会社設立トータルサポート鹿児島のブログです。 会社設立時又は個人事業者の開業時、必要な資金調達に際して、金融機関などに提出する資料の一つとして創業計画書があります。 これは、創業者自身が金融機関などの外部関係者に対して、創業者自身の熱い想いを、どのように実現させるのか具体的な計画や、それを裏付ける客観的情報を伝える重要な資料となります。  資金を貸出す金融機関においては、拠出した資金がどのよ…

トップへ戻る

料金表

はじめて税理士と付き合う方へ

創業融資支援サポート